すずめの気まぐれ日記

横綱 白鵬の言葉

今月10日から、大阪で大相撲・春場所が始まった。

昨日の3月11日は、白鵬の28回目の誕生日。

刈屋アナウンサーが、白鵬にインタビューをしたところ、
熱いメッセージが返ってきたという。

「2年前の誕生日は、一生忘れることはないでしょう。 悪いことを忘れるのは、人間のいいところかもしれないけれど、忘れてはいけないものは、あると思います。 東日本大震災では、忘れてはいけないものが沢山あるので、そういうものが力士が、力士会が全体となって、しっかりと忘れないことを、皆さんの記憶に留めていってくれるよう、更に復興の力になっていきたい。」

「例えば、(将来力士を目指してる子供たちの為に)土俵を作ったり、そういう子供たちに、相撲を楽しめる環境をつくってあげたり、あるいは自分たちが相撲を通して、またあらゆることを通して、皆さんに勇気付けて、復興の手伝いをしていきたい。」

「すごいことを経験した人は、国を支えて未来を作る力があると思う。そういう人たちの未来を作る力の手助けをしたい。」

と、話されたようだ。


さすが横綱!! 横綱という地位に相応しい重みのあるお言葉。
聞いてて感動した。



そして、白鵬が誕生日だということを紹介していると、テレビの画面には、
ある可愛い女の子が映っていた。

『 は く ほ う 2 8 さ い お め で と う 』と書いた紙を持って立っていた。
b0252059_1121176.jpg


黄色い大きなリボンを頭に付け、熱い視線で白鵬をじっと見つめていた。
b0252059_115962.jpg


そんな女の子の姿を見ていて、微笑ましく思えた。
また健気で、可愛らしくも思えた。

その女の子に応えるかのように、取り組みは立派なものだった。

さすが横綱!! と言わんばかりの圧勝。

女の子にとって、最高の思い出の日になったに違いない。


大関の活躍が薄れる中、大相撲の盛り上がりが欠けているのは事実だけど、
その代わり、若い力士がどんどん伸びてきて、精力を発揮している。

大阪出身の豪栄道と勢が昨日、6年ぶりに対戦した。
2人とも同じ歳で、小学校の時からライバルだという。
地元大阪での対戦だったので、客の盛り上がりも良かった。

他にも、妙義龍・栃煌山・松鳳山・千代大龍と、若手らしい取り組みを見せてくれる。
これからもどんどん相撲界を盛り上げていってほしい。
[PR]
by suzume-massa | 2013-03-12 11:44
3.11 >>



「気まぐれ」ということで、その時々の思いつきや気分で、今の自分を表現します。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

**コメントについて**
管理人が公開に相応しくないと判断したコメントは、削除させて頂きます
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
横綱 白鵬の言葉
at 2013-03-12 11:44
3.11
at 2013-03-11 14:46
しばらくぶりですぅ・・・ (..
at 2013-02-22 20:57
今年も色々とお世話になりまし..
at 2012-12-31 21:25
Guararemaのイルミネ..
at 2012-12-04 06:12
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧